【12月6日 AFP】オーストリアの首都ウィーンで5日、「テディベア病院(Teddy Bear Hospital)」が開院し、お気に入りのテディベアなどのぬいぐるみを持った子どもたちが集まった。

 テディベア病院はウィーン医師会(Vienna Medical Association)などが主催するイベントで、ぬいぐるみに「検査、治療、手術」などが施される。医師の診察を受けることや入院することへの子どもたちの恐怖感を和らげる狙いがある。

 同日のイベントには約60人の医療関係者が参加した。7日まで開催される。(c)AFP