ソウルのある小児科病院(写真は記事の内容と関連がありません)(c)news1
ソウルのある小児科病院(写真は記事の内容と関連がありません)(c)news1

【12月04日 KOREA WAVE】韓国で法定感染症2級に分類された百日ぜきの患者が急速に増えている。特に慶尚南道(キョンサンナムド)の一部では保育園と小学校を中心に患者数が急激に増え、保健当局が対応を続けている。

疾病管理庁によると、11月の百日ぜきの患者数は112人で、10月(29人)に比べて約3.8倍急増した。8月は8人、9月は10人だったが、その後一気に増えた。

百日ぜきは、百日咳菌に感染して発生する呼吸器疾患で、夏と秋に発病が増加するのが特徴。だが今シーズンは夏に流行しなかったのに冬季に入って急速に広がっている。

感染すると、初期には▽鼻水▽結膜炎▽涙▽軽い咳▽発熱――などの症状が表れ、せきが次第にひどくなる。その末におう吐したり、たんが出たりする。

中期に入ると、鼻からの出血や硬膜下出血に至ることもある。

(c)news1/KOREA WAVE/AFPBB News