【11月23日 Xinhua News】中国甘粛省(Gansu)敦煌市(Dunhuang)から天津市(Tianjin)を経由してタイ・バンコクへ向かう海上・鉄道複合一貫(シーアンドレール)輸送の国際貨物列車「敦煌号」の第1便が21日、石綿千トンを積み敦煌鉄道の西貨物駅総合貨物場を出発した。

 同列車は、2022年の中国ラオス鉄道「敦煌-ビエンチャン-バンコク」国際貨物列車、西部陸海新ルート「敦煌-欽州港-インドネシア」石綿列車、23年5月の海上・鉄道複合一貫輸送「敦煌-寧波-バンコク」石綿列車に次ぐ4本目の石綿貨物列車となった。(張暁亮)(c)Xinhua News/AFPBB News