偽造された5万ウォン札(大邱城西警察署提供)(c)news1
偽造された5万ウォン札(大邱城西警察署提供)(c)news1

【11月16日 KOREA WAVE】韓国の伝統市場で、60代女性が偽札を出して物を買うという事件があり、現地検察はこの女性を在宅で起訴した。大邱城西警察署が14日、明らかにした。

女性は先月30日、大邱市達西区甘三洞の市場で、ナムルの販売業者に、コピーで偽造した5万ウォン札を渡した後、お釣り4万2000ウォンを受け取った疑い。業者の家族が「5万ウォン札がおかしい」と気づき、警察に通報した。

偽5万ウォン札はコピーされたもので、携帯電話売り場で広報用につくられたという。李氏朝鮮中期の女流書画家シン・サイムダン(申師任堂、1504~1551)の肖像画が両面に描かれており、ずさんなつくりになっている。

(c)MONEYTODAY/KOREA WAVE/AFPBB News