「無人島のディーバ」が済州の海辺に石を放置した様子(左)ポスター(写真=tvN提供)(c)NEWSIS
「無人島のディーバ」が済州の海辺に石を放置した様子(左)ポスター(写真=tvN提供)(c)NEWSIS

【11月15日 KOREA WAVE】韓国tvNドラマ「無人島のディーバ」(女優パク・ウンビン主演)の制作スタッフが許可を受けずに浜辺で撮影した後、大量の石を放置して去ったと、インターネットメディア「済州(チェジュ)の声」が報じた。

先月28日放送の第1話で歌手志望のソ・モクハ(パク・ウンビン)が、15年間、無人島で一人で暮らし、石で「SOS」信号を送る場面がある。「済州の声」は、制作陣がこのために数千個の石を並べたが片づけなかったとしている。制作陣は、追加で撮影する可能性があり、地元関係者と協議した後、1カ所に石を集めておいたと釈明している。

第1話の視聴率3.2%(ニールセンコリア全国有料世帯基準)で始まり、12日放送の第6話は7.9%を記録した。

制作陣は14日、「市民に不便をおかけし、深くお詫び申し上げます」としたうえ「事前に住民と関係機関に説明して撮影したが、進行・収拾の過程で不十分な点があった。できるだけ早く原状復旧する」と表明している。

(c)NEWSIS/KOREA WAVE/AFPBB News