【11月8日 Xinhua News】中国貴州省(Guizhou)貴陽市(Guiyang)にある貴陽誠善助老慈善公益サービスセンターは、健康な高齢者を中心とするボランティアグループが、若いボランティアたちと一緒に設立した団体で、多くの社区(コミュニティー)で公益食堂を運営している。

 食堂では、身寄りのない高齢者や空巣老人(一人または夫婦のみで生活する高齢者)、一人暮らしの高齢者、最低生活保障(生活保護)受給者、要介護高齢者、障害者など1日平均千人以上に、栄養のある昼食を無料で提供している。人々はこの食堂を、親しみを込めて「奶奶食堂(おばあちゃん食堂)」と呼ぶ。

 同センターは過去9年間で、訪問配膳サービスを6万3千回、高齢者のための無償ボランティアサービスを28万8千回、無償の食事を延べ190万人分提供した。(c)Xinhua News/AFPBB News