【10月5日 AFP】国際サッカー連盟(FIFA)は4日、欧州サッカー連盟(UEFA)に続いてロシアの男女U‐17代表チームに対する出場停止処分を解除すると発表した。

 UEFAは先週、ロシアのユース年代のチームに対する出場禁止処分を解除したが、同国トップチームに対する出場禁止を維持している。

 FIFAによると、ロシアチームは「ロシアサッカー連合(RFS)」の名でプレーすることが条件となり、同国の国旗や国歌、代表用ユニホームの着用は認められない。

 ロシアは2022年2月のウクライナ侵攻以降、サッカーの国際大会への出場を禁止されている。

 同国のU‐17代表男子チームは予選への参加を禁止されたため、来月インドネシアで開催されるU-17W杯(U-17 World Cup 2023)には出場しない。(c)AFP