(c)news1
(c)news1

【10月03日 KOREA WAVE】世界的にK-POPの人気が続き、エンタメ株が今年再評価された。これに伴い、エンタメ株の株式を保有している芸能人の株式評価額が大幅に増えた。エフアンドガイドによると、芸能人の株式富豪1位は、HYBE(ハイブ)のパン・シヒョク議長だ。パン議長の株式評価額は9月21日時点で3兆314億ウォン(1ウォン=約0.1円、約3346億円)で、昨年末より7496億ウォン増加した。

韓国のグループ「防弾少年団(BTS)」の軍服務問題のため、ハイブの株価は昨年下落傾向を免れなかった。しかし、BTSの他に「NewJeans(ニュージーンズ)」「SEVENTEEN(セブンティーン)」「LE SSERAFIM(ルセラフィム)」など多様なラインナップによって実績が向上し、さらにはK-POPが構造的成長を迎え、今年は株価が異なる流れを見せた。ハイブは昨年末17万3500ウォンから9月21日23万500ウォンへと33%上昇した。これに対し、パン議長の持分も3兆ウォンを超えた。

ハイブ上場の際に株式譲渡を受けたBTSの7人も株式を引き続き保有している。一部売り渡したジェイホープ、RM、ジンを除けば、残りのメンバーは初期に譲渡された約1万5000株をそのまま保有している。これに対し、7人全体の持分評価額は同期間1030億ウォンとなり、昨年末より255億ウォン増加した。

JYPエンターテインメントのパク・チンヨン筆頭株主の持分評価額も5665億ウォンで、今年約2000億ウォン近く増加した。パク・チンヨン氏はJYPエンターテインメントのほか、ディアユーとフォーバイフォーの株式も保有している。最も大きな割合を占めるJYPエンターテインメントの株価が昨年末6万7800ウォンから先月21日10万4000ウォンまで53%急増したおかげで、彼のJYPエンターテインメント持分価値も5618億ウォンに増えた。

パク・チンヨン氏が保有しているディアユーもやはり今年の株価上昇率が43%に達し、評価額が42億ウォンで前年比13億ウォン増加した。ただ、フォーバイフォーの株価は今年27%下がり、評価額が約2億ウォン減り、約5億ウォンとなった。

YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表がパク・チンヨン氏に続き、株式富豪3位を占めた。ヤン代表の持分評価額は2181億ウォンで、昨年末比799億ウォン増加した。

YGエンターテインメントの株価が昨年末4万3850ウォンから21日6万9200ウォンに跳ね上がったおかげだ。ただ、最近最も大きな収益源だった「BLACKPINK(ブラックピンク)」の再契約が容易ではないものと見られ、株価がさらに下落する可能性がある。

その他、FNCエンターの筆頭株主であるハン・ソンホ総括プロデューサーも持分価値が186億ウォンで10億ウォン増加した。FNCエンターテインメントの株価は今年、新規アイドルモメンタムの中で株価が5%上昇した。ただ、他のエンター株に比べて上昇傾向が制限された。

(c)MONEYTODAY/KOREA WAVE/AFPBB News