【7月16日 AFP】15日に行われたテニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2023)の女子シングルス決勝で2年連続の準優勝に終わったオンス・ジャバー(Ons Jabeur、チュニジア)が、試合後に英国のキャサリン皇太子妃(Catherine, Princess of Wales)から温かいハグを受ける一幕があった。

 表彰式で涙を流したジャバーは、ハグをするか迷っていたというキャサリン妃に対し「ハグはいつでもうれしいです」と伝えたといい、「とてもいい瞬間だった。彼女はいつも優しくしてくれる」と感謝した。

 キャサリン妃からかけられた言葉については「昨年と同じこと」と明かし、「強くなって戻ってきて、四大大会(グランドスラム)やウィンブルドンで優勝してと励ましてもらった。とても親切だった」と語った。

 キャサリン妃は表彰式でトロフィーの贈呈役を務めた。

 世界ランキング6位のジャバーはこの日、ノーシードのマルケタ・ボンドロウソバ(Marketa Vondrousova、チェコ)に4-6、4-6で敗戦。昨年のウィンブルドンと全米オープン(US Open Tennis Championships 2023)に続き、これでグランドスラム決勝では3戦全敗となった。(c)AFP