【6月20日 AFP】サッカースコティッシュプレミアリーグのセルティック(Celtic)は19日、ブレンダン・ロジャーズ(Brendan Rodgers)氏(50)が新監督に就任した。契約期間は3年。

【特集】写真で振り返るサッカー監督のビフォーアフター

 セルティックは、アンジェ・ポステコグルー(Ange Postecoglou)前監督がイングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)の指揮官に就任したため、新たな監督を探していた。

 ロジャーズ氏は2018-19シーズン途中にセルティックを離れ、イングランド・プレミアリーグのレスター・シティ(Leicester City)の指揮官に就いた経緯があり、約4年ぶりの復帰となる。今季はレスターで成績不振に陥り4月に解任されると、その後は無所属だった。

 ロジャーズ氏は「再びクラブに加入しないかと頼まれた時は、自分にとっても家族にとっても非常に簡単な決断だった」と復帰を喜び、「ここ2年間はアンジェが素晴らしい仕事をした。国内と欧州での挑戦に向けてセルティックの勢いを維持するために、自分ができることを全てやっていく」と意気込んだ。

 セルティックは直近12シーズンで11度のリーグ優勝を果たし、同7シーズンで5度の国内3冠を達成。ロジャーズ氏も、前回の在任2年半で獲得可能だったタイトル7個を全て手にし、チームの成功に一役買った。

 レスターでも19-20シーズンから2季連続で5位に入り、20-21シーズンにはFAカップ(FA Cup 2020-21)制覇を果たすなど成功を収めたが、チームは今季降格した。(c)AFP