(c)STARNEWS
(c)STARNEWS

【06月06日 KOREA WAVE】韓国で国を守るため犠牲になった人々を追悼する「顕忠日」の追悼式が6日、国立墓地の国立ソウル顕忠院で開かれ、軍服務中の俳優カン・テオが朝鮮戦争の功労者の業績を読み上げた。

カン・テオは陸軍代表として壇上に立った。朝鮮戦争で砲弾の破片が頭に刺さる重傷を負い、2005年に亡くなった故イ・ハクス上兵の話を映像を交えながら朗読した。

カン・テオは右胸に本名キム・ユンファンの名札を付け、左には韓国陸軍助教の印がついていた。

カン・テオは昨年9月に入隊し、新兵教育隊で教官を補佐する助教を務めている。2024年3月に除隊予定。

(c)STARNEWS/KOREA WAVE/AFPBB News