【6月5日 Xinhua News】中国黒竜江省(Heilongjiang)牡丹江市(Mudanjiang)の鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布(ばくふ)では、中国のクリフダイブの第一人者、狄煥然(Di Huanran)さんが観光客にクリフダイビングを披露する姿が毎日のように見られる。

 同風景区は中国の国家5A級観光地(最高ランク)で世界ジオパークに認定されており、避暑地や療養地としても知られる。中国の重要な景勝地の一つである吊水楼瀑布は、落差20メートルの世界最大の玄武岩の滝となっている。

「見ているだけでも怖い。大したものだ」。狄さんのダイビングを見た観光客から感嘆の声が上がった。激しく巻きかえる川の波や勢いよく流れ落ちる滝を前にすると、ほとんどの人は近づくことすら怖いと感じるが、狄さんは40年以上もこの滝から飛び降りている。

 狄さんは、断崖絶壁からのダイビングで多くのファンを獲得。狄さんのパフォーマンスを見るために風景区を訪れる人も多く「中国のクリフダイブの第一人者」と呼ばれている。現在は風景区の正規職員となり、ダイビングは生涯の仕事となった。2008年には「世界一高い滝からのダイビング」としてギネス世界記録に認定されている。(c)Xinhua News/AFPBB News