【5月15日 CGTN Japanese】中国東北部の吉林省琿春市馬川子郷でこのほど、60歳の村人・呂さんが山に登っている途中、野生のアムールトラ(東北虎)に遭遇し、慌てて木に登って避難しました。少し落ち着いた頃、携帯電話でトラの姿を撮影しました。

 呂さんによりますと、山に登って山菜を取ろうとしていた時に、突然物音がして顔を上げると、トラがわずか3~4メートル先に来ていました。トラは人間の姿を見て驚いて後ずさりし、呂さんも数歩後ろに退いた後、急いで木に登り、高さ4~5メートルのところで40~50分間待ち、トラが遠くに行ったのを確定して木から下りたということです。

 また、呂さんは木の上から携帯電話でトラの姿を撮影しました。村に帰った後、呂さんはすぐに警察に通報し、警察は微信(ウィーチャット)で管轄区の各村に警報を出し、注意喚起するとともに、野生動物を傷つけないよう勧告しています。(c)CGTN Japanese/AFPBB News