【5月12日 Xinhua News】中国商務部は11日、同部の王文濤(Wang Wentao)部長とエクアドルのプラド生産・貿易・投資・漁業相がそれぞれ自国政府を代表して、オンライン形式で「中華人民共和国政府とエクアドル共和国政府の自由貿易協定(FTA)」に調印したと発表した。双方は今後、それぞれの国内手続きを進めて、協定の早期発効・実施を図る。

 商務部によると、中国とエクアドルのFTA締結は両国首脳の重要なコンセンサスで、交渉は昨年2月に始まり、1年の協議を経て今年2月に終了が宣言された。商務部は、双方がFTAを通じて高い水準の相互開放を実現し、企業のために一層優遇され、円滑かつ透明で、安定したビジネス環境を整え、両国の貿易・投資協力の潜在力を一段と掘り起こすと説明。また両国の経済・貿易協力の全方位的な質の向上と高度化を図り、2国間貿易の持続性、安定性、多様性を促して、両国の国民と企業の福祉を絶えず増進すると表明した(c)Xinhua News/AFPBB News