【5月2日 AFP】米ニューヨークのメトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art)で1日、毎年5月の第1月曜日に行われるファッションの祭典「メット・ガラ(Met Gala)」が開催された。

 今年のテーマは、「Karl Lagerfeld: A Line of Beauty(カール・ラガーフェルド:美の系譜)」。自身のブランドのほか、「シャネル(Chanel)」「フェンディ(Fendi)」「クロエ(Chloe)」などトップブランドを率い、2019年に亡くなったラガーフェルド氏にオマージュがささげられた。

 出席者の多くは、ラガーフェルド氏らしいスタイルに身を包んでいた。黒、白、クリーム色の衣装が多い中、ラッパーのリル・ナズ・X(Lil Nas X)は銀色のボディーペイントで登場した。

 歌手のリアーナ(Rihanna)は、「ヴァレンティノ(Valentino)」の白いマントのフードにシャネルを象徴するカメリア(ツバキ)の花をあしらい、ラガーフェルド氏が愛用していたのと同じような白のフィンガーレスの手袋をはめていた。

 また、ラガーフェルド氏の愛猫に扮(ふん)したゲストも2人いた。歌手のドージャ・キャット(Doja Cat)はフルメークで、俳優のジャレッド・レトー(Jared Leto)は猫の着ぐるみ姿で現れた。(c)AFP/Maggy DONALDSON