21日、原告勝訴後の立場を述べるソ・ソンウク氏とキム・ヨンミン氏(c)MONEYTODAY
21日、原告勝訴後の立場を述べるソ・ソンウク氏とキム・ヨンミン氏(c)MONEYTODAY

【02月22日 KOREA WAVE】韓国の同性夫婦が、配偶者の健康保険被扶養者資格を認めるよう国民健康保険公団を相手取って起こした訴訟で、ソウル高裁は21日、原告敗訴の一審判決を破棄し、原告勝訴を言い渡した。韓国の裁判所が同性夫婦に法的な地位・権利を認める判断を出したのは今回が初めて。

原告のキム・ヨンミン氏とソ・ソンウク氏は2019年、結婚式を挙げた。キム氏は法的な婚姻関係を認められなかったが、健康保険は事実婚関係配偶者も被扶養者にできるという情報に接し、2020年2月に自身の職場健康保険にソ氏を被扶養者として登録した。ところが、健保公団は同性夫婦であることを理由に、同年10月にソ氏の被扶養者資格を剥奪し、ソ氏に保険料を賦課した。

ソ氏は2021年1月、健保公団を相手取り、訴訟を起こした。1審は社会的な認識などを理由に「同性夫婦を事実婚関係とは認めがたい」として請求を棄却、ソ氏が控訴していた。

ソ氏の代理人であるパク・ハンヒ弁護士は、今回の判決を受けて「控訴審では、同性夫婦が異性夫婦と本質的に変わらず、同居、協力、扶養義務を排除することは性別と性的指向、社会的身分の差別に該当することを立証した。こうした主張が受け入れられた結果ではないか」との見解を示した。

(c)MONEYTODAY/KOREA WAVE/AFPBB News