【12月22日 AFP】米国を訪問したウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は21日、ホワイトハウス(White House)でジョー・バイデン(Joe Biden)大統領との会談を行った。ゼレンスキー氏の出国はロシアのウクライナ侵攻開始後で初めて。

 ゼレンスキー氏は、スーツではなくカーキ色の軍服を着てホワイトハウスに到着。バイデン氏は、妻ジル(Jill Biden)氏と共にゼレンスキー氏を迎え、肩に手を回した。3人はその後、衛兵が米国とウクライナの国旗を掲げる玄関からホワイトハウス内へと入った。

 首脳会談後に行われた共同記者会見でバイデン氏は、ウクライナは「決して孤立しない」と表明。「ウクライナの戦いは、さらに大きなものの一部だ」と説明した。また、米国は「ロシアの侵略」に対抗し、必要な限りウクライナを支援すると宣言した。

 一方のゼレンスキー氏は、米国が表明したウクライナへの迎撃ミサイルシステム「パトリオット(Patriot)」供与について、「わが国の防空を大幅に強化するものだ」と評価した。

 映像は21日撮影・一部提供。(c)AFP