AsiaNet 98906

【浜州(中国)2022年11月22日PR Newswire】
chinadaily.com.cn

中国東部の山東省にある浜州市は、質の高い発展に寄与するために、黄河沿いの自然・文化資源を利用し、文化と観光の統合を促進する取り組みを進めている。

中国第2の大河である黄河は、浜州市内を94キロメートルにわたって流れ、独特の自然景観を作り出している。黄河に沿って、同市には4A級景勝地が6カ所、省級以上の文化保護区が42カ所点在。

浜州は近年、文化観光プロジェクトの向上を支援するために、地元の黄河をテーマにした観光資源を掘り出してきた。

地元政府の取り組みにより、西紙坊古村、蒲湖景勝地、打漁張森林公園は黄河沿いの観光のハイライトとして開発された。

昨年完成した高さ70.7メートルの黄河楼は、黄河塔とも呼ばれ、蒲湖景勝地に位置しており、黄河沿いの自然景観を眺めることができる市内の人気ランドマークとなっている。

ランドマークのほかに、浜州はエコカルチャー、ホームステイ体験、自動運転ツアーを特徴とする、黄河をテーマにした数々の観光ルートも開発した。

これらのルートは、人気のある景勝地を結ぶだけでなく、ホームステイ、観光、郊外のドライブ旅行などのさまざまなインタラクティブな体験を増やし、黄河の多様な要素をPRする。

また、浜州市で深遠な歴史と文化を花開かせてきた黄河は、観光開発に寄与している。浜州には10の国家無形文化遺産、52の省レベルの無形文化遺産、186の市レベルの無形文化遺産があるが、恵民泥塑(でいそ、泥人形)、博興草柳編み工芸技術、浜州呂劇のいずれも黄河の影響を大きく受けている。

第20回中国共産党全国代表大会(第20回党大会)報告は「文化と観光の間の積極的な相互作用を促進し、2つの部門のより深い統合を進める」ためにより多くの取り組みが必要であることを強調した。

浜州市は、地元の県と区による無形文化遺産の統合により、観光開発に際して伝統の民俗文化の利点を生かすことを奨励する。また、黄河文化を促進するために、一連の行事が定期的に開催されている。活況を呈している文化観光産業は、地元住民の収入を増やし、生活状況の改善につながる。

ソース:chinadaily.com.cn

(日本語リリース:クライアント提供)