【9月27日 AFP】男子ゴルフ、世界ランキング18位の松山英樹(Hideki Matsuyama)が、連覇の懸かる来月のZOZOチャンピオンシップ(Zozo Championship 2022)に出場することが27日に発表された。

 松山は千葉県印西市のアコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ(Accordia Golf Narashino Country Club)で行われた昨年大会を5打差で制し、母国のギャラリーを沸かせた。

 松山は「今年もZOZOチャンピオンシップに出場することを発表できてうれしいです。日本で唯一のPGAツアートーナメントにディフェンディングチャンピオンとして出場できるのは幸せです。いつも応援してくれるファンの皆さまのためにベストを尽くしたいと思います。そして、コースでファンの皆さまに会えることを楽しみにしています」とコメントした。

 今年も大会は同コースで開催され、松山の他には先日のプレジデンツ・カップ(2022 The Presidents Cup)で対戦した米国のザンダー・シャウフェレ(Xander Schauffele)、コリン・モリカワ(Collin Morikawa)、キャメロン・ヤング(Cameron Young)らも出場選手に名を連ねている。

 また、プレジデンツ・カップでチームメートとして戦った韓国の任成宰(Im Sung-jae、イム・ソンジェ)やキム・シウ(Kim Si-woo)、李京勲(Lee Kyoung-hoon、イ・キョンフン)、キム・ジュヒョン(Kim Joo-hyung)も参戦する。(c)AFP