■探知犬に

 空だったはずの輸送用コンテナの中から発見されて5か月間、しっかりと健康を取り戻したミリはMIDAの探知犬となるための訓練を受けた。

 ミリが所属するチームは、パナマ市の国際空港に配備された。入国者が持ち込む荷物から生鮮食品を見つけ、国外から病気が入って来るのを阻止するのが主な仕事となっている。

「ミリは探知犬に必要な性質を兼ね備えています。人懐こいこと、人に対して穏やかなこと、食欲が旺盛なこと、そして遊び好きなことです」と訓練担当官は言う。

 MIDAのデエスコバル氏は、「誰にでも人生の目的があると言われますが、ミリにとっては、パナマに迎えられて、わが国に大きな貢献をすることだったのかもしれません」と話した。

 映像は7月27日撮影。発見時の写真はMIDAより提供。(c)AFP/Moises AVILA