【8月2日 Xinhua News】中国空軍の申進科(Shen Jinke)報道官は7月31日の記者会見で、2022年度の空軍航空開放イベントと長春航空ショーを8月26~30日に吉林省(Jilin)長春市(Changchun)で開催すると発表した。空軍の「奮闘強軍、奮飛十年」の成果を示し、主要現役機の飛行展示と地上展示も行う。

 開放イベントの日程は5日間。「空に夢を追い、未来を制す」をテーマに、展示飛行と地上展示、付帯活動の3部分で構成される。

 空軍参謀部の簡洪(Jian Hong)上級大佐によると、今回出展される装備は強大な陣容で、主要な現役機も出展される。アクロバットチームは長時間、超低空のアクロバット飛行を披露する。空軍テーマ館は没入型航空シミュレーションの特色を際立たせ、青少年や幅広い愛好家が飛行シミュレーターを使って軍事飛行の学習・訓練シナリオを体験できるようになっている。一般市民は軍事飛行や航空機整備、空軍パイロットの訓練などの場面を身近で体感できる。

 空軍装備部の李鴻鵬(Li Hongpeng)上級大佐は空軍装備について、70年余りで導入・消化から自主開発、革新的発展への歩みをたどってきたと説明。新時代に入って以降は「航空・宇宙の一体化、攻撃・防備の兼備」という戦略的要求に基づき装備の転換を加速させ、戦略的能力を徐々に形成し、多様な任務遂行の能力を著しく向上させたとし、今回の航空開放イベントでも空軍装備の新たな成果が系統的に示されるだろうと語った。

 申氏は、空軍がこの10年で東中国海の警備巡視飛行、南中国海の戦備巡視飛行、西太平洋への進出、台湾島巡回飛行、海外への物資輸送、感染症対策・災害救援など過去に飛んだことのない航路を飛び、到達したことのない地域に到達し、「強国強軍」の新たな答案を示したと語った。(c)Xinhua News/AFPBB News