【6月26日 AFP】ロシア軍の攻撃により崩壊したウクライナ北東部ハルキウ(Kharkiv)とチュグエフ(Chuguiv)の建物。この地域ではロシア軍による砲撃が続いており、ウクライナ軍の防衛力は低下している。

 ハルキウでAFPのインタビューに応じたウクライナ兵は、「幼稚園、学校、ジムなど大きな建物が標的になっている。ロシア軍はそれらの場所に、ウクライナ軍やそのほかの軍隊の拠点があると考えているようだ」と話した。

 映像は24日撮影。(c)AFP