【6月16日 AFP】ウクライナ入りしている仏独伊の3首脳は16日、ロシアによる侵攻で大きな被害を受けたウクライナの首都キーウ近郊のイルピン(Irpin)を訪問した。

 フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領とドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)首相、イタリアのマリオ・ドラギ(Mario Draghi)首相は、被害が色濃く残る同市を視察することで、ウクライナへの支持を表明した形だ。ロシア軍は侵攻開始直後にイルピンを攻撃し、民家やインフラを破壊した。(c)AFP