【5月17日 CGTN Japanese】上海市の新華書店金山朱涇店が14日午前、市内にある新華書店で初めて実店舗での営業を再開しました。来店者には読書好きの市民のほか、学生の姿も多く見られました。

 新華書店はこの日、「読書で感染症と戦い、一緒に学ぶ」をテーマとするイベントを開催し、来店者に特製マスクやノートをプレゼントしました。ノートには「学びは止まってはいけない」「コロナ禍で静かに読書を」などの励ましの言葉が書かれていました。

 感染対策のため、同時に入店可能な買い物客は最大5人までとし、入店時間は最長10分と規定されています。

 周辺地域の住民のニーズに応えるため、宅配サービスは、店舗近くの地域には毎日、周辺地域の亭林と興塔には週1回行うとのことです。(c)CGTN Japanese/AFPBB News