【5月13日 時事通信社】アラブ首長国連邦(UAE)のハリファ・ビン・ザイド・ナハヤン大統領が13日、死去した。地元メディアによると73歳だった。死因は不明だが、2014年に脳卒中の手術後は公の場に姿を見せる機会は減っていた。

 1948年、UAE東部アルアイン生まれ。UAEを構成する七つの首長国のうち、アブダビ首長国の皇太子に69年就任。初代元首を務めた実父ザイド大統領の死去に伴い、04年に大統領兼アブダビ首長に選ばれた。

 経済開発や近代化、軍備増強などを推進し、UAEを中東屈指の経済大国に押し上げた。最大都市ドバイにある世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(高さ828メートル)は、ハリファ大統領の功績をたたえて名付けられた。

 大統領死去を受け、UAEは13日から40日間の服喪を宣言した。ハリファ大統領の弟で、UAEの実権を握るムハンマド・アブダビ首長国皇太子はツイッターで「正義の息子を失った」と悼んだ。(c)時事通信社