【5月10日 CGTN Japanese】中国有人宇宙事業弁公室によりますと、貨物宇宙船「天舟4号」は軌道投入後、順調にモード設定を終え、北京時間10日午前8時54分に自主的高速ドッキングモデルを採用し、宇宙ステーション「天和」コアモジュールの後方ポートへのドッキングに成功しました。

「天舟4号」には、有人宇宙船「神舟14号」の3人の宇宙飛行士が軌道上に6カ月滞在するための消耗品や推進剤、応用実験装置、サンプル材料、備品などの物資が積載されており、ドッキング完了後、「天和」モジュール結合体の飛行区間に入ります。(c)CGTN Japanese/AFPBB News