【2月21日 AFP】北京冬季五輪は20日、閉会式が行われ、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長が閉会を宣言した。

 北京市の国家体育場(National Stadium)、通称「鳥の巣(Bird's Nest)」で、バッハ会長は「今、この忘れがたい五輪の体験に終わりを告げなければなりません。第24回冬季五輪競技大会2022北京の閉会を宣言します」と述べた。

 またバッハ会長は「誠に格別な冬季五輪をもって、われわれは中国を冬季スポーツの国として歓迎する。おめでとう中国」とも述べた。

 赤いランタンでソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)を取った観客は、降ろされた五輪旗が2026年の冬季五輪開催地、イタリアのミラノ(Milan)・コルティナダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)の首長に引き継がれるのを見守った。

 閉会式は、開会式に続いて映画監督のチャン・イーモウ(張芸謀、Zhang Yimou)氏(71)が務めた。

 開催国の中国は今大会で、冬季五輪では同国史上最多となる9個の金メダルを獲得し、米国を抑えた。

 映像は「鳥の巣」の外で花火を眺める人々、20日撮影。(c)AFP