【1月20日 Xinhua News】中国で低軌道衛星の研究開発を手掛ける銀河航天はこのほど、独自に開発した低軌道ブロードバンド通信衛星6基を出荷した。中国で同種の衛星の量産は初めて。

 6基はすでに発射場に到着しており、3月までの打ち上げを見込む。これらの衛星の打ち上げにより衛星インターネット試験ネットワークが構築され、1回に30分以上の連続通信サービスが可能になる。(c)Xinhua News/AFPBB News