【12月26日 AFPBB News】フィギュアスケートの全日本選手権(Japan Figure Skating Championships 2021)は25日、さいたまスーパーアリーナ(Saitama Super Arena)で女子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、坂本花織(Kaori Sakamoto)が合計234.06点で優勝し、北京冬季五輪代表に内定した。

 樋口新葉(Wakaba Higuchi)が221.78点で2位、河辺愛菜(Mana Kawabe)が209.65点で3位だった。

 アイスダンスではフリーダンス(FD)が行われ、小松原美里(Misato Komatsubara)/小松原尊(ティム・コレト、Tim Koleto)組が178.17点で優勝。村元哉中(Kana Muramoto)/高橋大輔(Daisuke Takahashi)組が176.31点で2位、高浪歩未(Ayumi Takanami)/西山真瑚(Shingo Nishiyama)組が148.29点で3位に入った。(c)AFPBB News