【11月30日 CGTN Japanese】日本オリンピック委員会の山下泰裕会長と福田康夫元首相は29日、北京冬季オリンピックの成功への希望を表明しました。山下会長はまた、大規模な代表団を派遣することを明らかにしました。

 山下会長と福田元首相はこの日、中国駐日本国大使館が主催する「共に未来へ!北京2022冬季オリパラハウス」展示会の開幕式で以上のように述べました。山下会長は、北京冬季オリンピックに参加する日本代表団は2022年1月29日に結団式を行い、代表団の規模は200人余りで、山下会長自身も代表団と共に北京を訪れることを明らかにしました。また、北京冬季オリンピックが成功し、コロナ禍の下にある世界に希望と光、勇気と活力をもたらすよう希望しました。

 福田元首相は、「北京冬季オリンピックの準備活動はコロナ禍の中でも着実に行われた」と述べました。また、各国(地域)の選手が競技の中でよい成績を収めるよう期待を寄せ、北京冬季オリンピックが素晴らしく、成功した大会になることを希望しました。

 孔鉉佑駐日中国大使は開幕式であいさつした際、「来年は中日国交正常化50周年にあたり、両国のさまざまな分野が北京冬季オリンピックを契機に中日関係の持続的な改善と発展を推進するよう望んでいる」と語りました。

 今回の展示会は東京中国文化センターで行われ、合わせて100枚余りの写真やビデオなどのマルチメディアの素材十数点が展示され、12月5日まで続くとのことです。(c)CGTN Japanese/AFPBB News