【11月26日 CNS】中国・貴州省(Guizhou)の人民病院発熱クリニックは、新型コロナウイルスの感染対策と薬局のサービス向上のため、「24時間無人の隔離薬局」を導入した。多くの患者たちが病院スタッフと接触せずに薬を受け取れるようになっている。

 患者が処方箋に付いているバーコードを機械で読み取ると、1分もしないうちに薬剤を入れた箱が自動販売機のように取り出し口に出てくる。薬の受け取り効率を高めるだけでなく、患者が病院に滞在する時間を短縮することができる。(c)CNS/JCM/AFPBB News