【10月20日 AFP】米テキサス州の空港で19日、旅客機が離陸に失敗して野原に突っ込み、炎上した。乗客乗員21人はいずれも機内から避難し、無事だった。

 地元テレビ局は、炎上する機体に消防隊が放水する様子を放送。航空機は胴体部分が焼失して尾翼部分だけが残り、残骸からは黒い煙が立ち上った。

 当局によれば、事故を起こしたのはマクドネル・ダグラス(McDonnell Douglas)製の航空機で、テキサス州ブルックシャー(Brookshire)のヒューストン・エグゼクティブ空港(Houston Executive Airport)からマサチューセッツ州ボストン(Boston)に向けて離陸中だった。

 地元メディアによると、同機には同日夜に行われる米大リーグ(MLB)のボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)対ヒューストン・アストロズ(Houston Astros)戦の観戦に向かっていた人々が搭乗していた。

 映像は米CBSテレビが19日撮影・提供。(c)AFP