【10月9日 AFP】ロシア連邦統計局(Rosstat)は8日、同国の8月の新型コロナウイルスによる死者数が4万9389人だったと発表した。政府発表の2倍以上に当たる。

 ロシアの新型ウイルスによる累計死者数は、統計局発表で40万人超となった。

 政府発表では8月の死者数は2万4661人だった。今回の統計局の発表は、実情が政府発表よりもはるかに深刻であることを示している。

 政府は検視後に新型ウイルスが死因と確認された死者のみをカウントしているが、統計局はより広い定義で新型ウイルスによる死者数を集計している。

 新型ウイルスの感染者数が世界で4番目に多いロシアでは、感染力の強い変異株「デルタ株」の感染が拡大する一方、ワクチンの接種率は伸び悩んでいる。(c)AFP