【9月17日 AFP】イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)に所属するリース・ジェームズ(Reece James)は16日、今週行われた欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2021-22)の試合中に自宅が空き巣被害に遭い、同大会の優勝メダルなどを盗まれたと明かした。

 チェルシーが1-0で勝利した14日のFCゼニト(FC Zenit)戦に先発出場した右SBのジェームズは、チャンピオンズリーグとUEFAスーパーカップ(UEFA Super Cup 2021)の優勝メダルと、イングランド代表で獲得した欧州選手権(UEFA Euro 2020)の準優勝メダルが持ち去られたと述べた。

 ジェームズはインスタグラム(Instagram)に「クラブの一員としてチャンピオンズリーグの開幕戦に出場していた2021年9月14日の夜、卑劣な窃盗グループが自宅に押し入った」と記した。

「彼らは僕の私物が入った重い金庫を車に運んだ」

 マンチェスター・シティ(Manchester City)を下した昨季のチャンピオンズリーグ決勝に出場し、チームの欧州制覇に貢献したジェームズは、窃盗犯が犯行に及んでいる様子を捉えた4本の映像を投稿している。

 21歳のジェームズによれば、この事件の捜査員は犯人に「迫りつつ」あるという。

「これらのメダルはチェルシーとイングランド代表の選手として手にしたもの。それを証明するメダルが形としてあろうがなかろうが、その名誉が奪い去られることは決してない」

「それでも、このいかがわしい連中を特定し、警察へ通報するのに協力してもらうために、チェルシーとイングランド代表の全てのファンに訴えかけている。彼らに対する証拠はそろいつつあるから、安心することは絶対にできないだろう」

「幸運なことに、押し入られたときには誰もいなかった」 (c)AFP