【9月15日 Xinhua News】中国は今年以降、新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の水・大気・土壌汚染対策と農村環境整備などに特別財政資金として12億8200万元(1元=約17円)を拠出した。

 同自治区新聞(報道)弁公室がこのほど開いた記者会見で、生態環境庁の温玉彪(Wen Yubiao)報道官は、中央政府が今年以降に新疆に投入した大気汚染対策特別資金8億5100万元が、重点地域の環境や大気の質の改善に大いに役立ったと説明した。

 特別財政資金には、土壌汚染対策特別資金6300万元、水汚染対策特別資金2億9100万元も含まれている。

 中央政府は第13次5カ年規画(2016~20年)期間中、新疆の汚染対策や農村環境整備などに特別資金17億7800万元を拠出した。資金による支援を強化するとともに、科学技術による支援や人材チームの育成と交流にも注力し、同自治区の各種生態環境保護事業を支援した。(c)Xinhua News/AFPBB News