【9月13日 AFP】米大リーグ(MLB)、ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)のマックス・シャーザー(Max Scherzer)が、12日のサンディエゴ・パドレス(San Diego Padres)戦で、史上19人目となるMLB通算3000奪三振を達成した。

 37歳のシャーザーは、5回にエリック・ホズマー(Eric Hosmer)からチェンジアップで三振を奪い、現役選手としては元チームメートのジャスティン・ヴァーランダー(Justin Verlander)以来2人目の大台に到達した。

 妻や子ども、両親と共に偉業を祝ったシャーザーは、「今の気持ちを表現するのは難しい」とした上で、「毎年のように年間30試合以上に先発し、長く活躍していることの証しだと思う」と語った。

 この日のシャーザーは、2回に自身3度目となる3者連続3球三振を記録し、わずか66球で6回を投げるなど、8回1死まで完璧な投球を披露したが、最後はホズマーに右二塁打を許し、完全試合達成はならなかった。試合はドジャースが8-0で勝利した。(c)AFP