【8月3日 CGTN Japanese】海南省(Hainan)海口市(Haikou)で2日から12~14歳を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種が始まりました。15~17歳対象のワクチン接種はすでに始まっています。

 市内には現在、12~17歳対象のワクチン指定接種会場は計101カ所あります。12~14歳の被接種者は、保護者同伴の上で、身分証明書(または戸籍簿)を持参し、保護者が同意書に署名した後、接種を受けることができます。(c)CGTN Japanese/AFPBB News