■「土のスーパーフード」

 カットした髪のもう一つの利用法は、コンポストだ。髪に豊富に含まれている窒素が理想的な発酵促進剤となる。

 ロンドンの北西にある街ミルトンキーンズ(Milton Keynes)でサロンを経営するグリーンサロンコレクティブのメンバー、ライアン・クロフォード(Ryan Crawford)さんは自らの菜園で実験的に髪の毛を使用している。

 7月のある好天の日、クロフォードさんはAFPの取材班に二つのキャベツの若芽を見せてくれた。周りを髪の毛で囲んであった方は無傷だが、髪がない方は害虫に食べられて痩せていた。

 髪で守ると「ナメクジやカタツムリが寄り付きません」とクロフォードさん。また土の中に埋めた髪の毛は湿気を保つのに役立つ上、窒素濃度を保ち、「土にとってスーパーフード」の役割を果たしていると言う。

 グリーンサロンコレクティブには昨年、英国とアイルランドのヘアサロン約600店が新たに加盟した。髪の毛約500キロと金属3.5トンが集まり、リサイクルされている。

 コレクティブでは、この取り組みモデルを欧州全土に広めたいと考えている。

 映像は3、6、7月に取材したもの。(c)AFP/Linda ABI-ASSI