【8月2日 Xinhua News】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)が独自開発した基本ソフト(OS)の最新バージョン「鴻蒙(ホンモン、Harmony)2・0」のユーザー数が、29日までに4千万人を超えたことが分かった。6月2日の発表から1秒ごとに8人のユーザーが増えたことになる。

 同社が29日に開いたオンライン製品説明会で、携帯端末事業を統括する上級取締役の余承東(Yu Chengdong)氏が明らかにした。説明会では「鴻蒙2・0」を搭載したスマートフォンの新機種「P50」シリーズが発表された。(c)Xinhua News/AFPBB News