【7月22日 AFP】東京五輪の開会式でショーの演出を担当する小林賢太郎(Kentaro Kobayashi)氏が22日、解任された。過去に発表したコントでホロコースト(Holocaust、ユダヤ人大量虐殺)を引き合いに出したことが問題視された。

 問題となったのは1998年のコントで、動画がインターネットで拡散し、批判が出ていた。子供番組の次回放送の打ち合わせを舞台にしたコントの中で、小林氏は人の形に切った紙を指して「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」と表現していた。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games)の橋本聖子(Seiko Hashimoto)会長は、会見で「公演で、過去に、歴史上の痛ましい事実をやゆするせりふを使用していたことが分かった」と述べ、解任を決定したことを明らかにした。(c)AFP