【7月10日 AFP】男子ゴルフ、元世界ランキング1位でメジャー通算4勝を誇るロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)は9日、出場していた欧州ツアーのスコティッシュ・オープン(abrdn Scottish Open 2021)で観客にクラブを盗まれるという異様な事態に遭遇した。

 英スコットランド・ノースバーウィック(North Berwick)のザ・ルネッサンスクラブ(The Renaissance Club)で行われているスコティッシュ・オープンの2日目に、マキロイは第121回全米オープン選手権(2021 US Open Championship)覇者のジョン・ラーム(Jon Rahm、スペイン)とジャスティン・トーマス(Justin Thomas、米国)とともに、10番のティーグラウンドで待機していた。

 ソーシャルメディアに投稿された動画では、そこへ一人の男が現れ、マキロイのドライバーにかけられていた犬のぬいぐるみのカバーを取り外した後、バッグからアイアンをつかんで去って行く様子が確認された。

 それをぼうぜんと見ていたマキロイは「驚いたよ。テレビで全員が何が起きたか目撃していた」と困惑しつつ、「きちんと対処されて万事OKだった。あれが誰だったのか見当もつかない」と語った。この日はイーブンパー「71」でホールアウトし、通算1アンダーで予選落ちとなった。

 一方、ラームは問題の男がコースから連れ出される際にアルコール臭らしいものを感じたといい、「あまりにも堂々とやって来たので、写真か何か撮るのかと思った。撮影クルーかフォトグラファーだろうと思ったんだ」と語った。

「それから少し後、あの男が戻ってきて連れ出されるときに、なぜこんなことが起きたのか何となく分かった。自分とマキロイは何も言わなかった。男は6番アイアンをつかんでいて、けがをさせられたくなかったからね」

 欧州男子ツアー(PGA European Tour)は、「9日午前の8時ごろに、一人の観客が10番のティーエリアに入り込んだ」とし、「男は警備員によって、その場から即座に連れ出された。この件については現在、スコットランド警察に任せている」と述べた。

 警察によると男は病院に搬送され、そこで「聴取が行われている」という。(c)AFP