【7月7日 CGTN Japanese】浙江省(Zhejiang)台州市(Taizhou)臨海市(Linhai)からの情報によりますと、6日午後、打ち上げられたイルカとみられる3頭は心肺停止の状態で、残る9頭は良好な状態にあるということです。

 現地の気温が高いため、スタッフは氷を運び、水たまりの海水を冷まして対応する予定です。その後、9頭は近くの海産物会社の海水養殖場に運ばれ、より専門的な措置を待ちます。浙江省内の専門家がすでに現場に向かっているところです。

 村民の話によりますと、昨日これら「大きな魚」が近海を泳いでいたのが目撃されており、潮が引いた後に打ち上げられたと推測されます。上盤鎮派出所は早速現場に救援隊を派遣しました。その後、台州市、臨海市公安、港航漁業、消防救援などの部門が次々と現場に向かい、救助活動に参加しました。救援隊と現場の熱心な市民らが岸辺で水たまりを掘り、1頭ずつそこに運んで水かけをしていました。(c)CGTN Japanese/AFPBB News