【6月24日 CGTN Japanese】今月17日から3カ月にわたる宇宙での滞在が始まった3人の中国人宇宙飛行士。彼らが滞在期間中の献立の数は120種類以上に上っています。

 3人の宇宙飛行士のために用意されたこれらの宇宙食は、1日3食、メニューが重なることはありません。おかゆ、チャーハン、ちまき、野菜炒めなどの中華料理だけでなく、パンや牛肉スープなどの洋食メニュー、それに果物やお菓子も用意されています。3人の好みに合わせて、できるだけおいしく調理してある上、栄養バランスも重んじられています。また、温かい食事ができるよう宇宙船には電子レンジが設置されているほか、食べ物の残りかすが飛び散らないよう、食べやすい一口サイズに加工してあるなど、さまざまな工夫が凝らされています。(c)CGTN Japanese/AFPBB News