【6月24日 AFP】サッカー欧州選手権(UEFA Euro 2020)は23日、グループFの試合が行われ、ポルトガルはクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が2本のPKを決めてフランスと2-2で引き分け、16強入りを決めた。

 各組3位チームの中で成績上位4か国に入り、これで2大会連続の3位通過となったポルトガルは、27日にスペイン・セビリア(Seville)で行われる決勝トーナメント1回戦で、世界ランキング1位のベルギーと顔を合わせる。

 同組からは首位フランスのほか、独ミュンヘン(Munich)でハンガリーと2-2の劇的なドローに終わったドイツが2位で決勝トーナメントに進出している。

 ロナウドが30分過ぎにPKを決めて先制したポルトガルは、ハーフタイムを挟んでカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)にゴールを許し逆転された。

 しかし、ハンガリーがドイツ相手にリードしていたため、このままではポルトガルが敗退するという状況の中、36歳のロナウドは60分に自身が獲得に貢献したPKを再び決めた。

 今大会これが5ゴール目となったロナウドは欧州選手権の通算得点数を14にまで伸ばし、代表通算178試合目にして元イラン代表FWアリ・ダエイ(Ali Daei)氏が持つ同109ゴールの歴代最多得点記録に並んだ。

 世界王者フランスは28日、ルーマニア・ブカレストでの決勝トーナメント初戦でスイスと対戦する。(c)AFP