【6月22日 CGTN Japanese】中国南西部の雲南省(Yunnan)で行進を続ける野生のアジアゾウの群れが世界の注目を集めています。ようやく南へと方向転換し、故郷へと戻りつつあるゾウの群れ、彼らが泥風呂を楽しむ姿を、監視カメラが捉えました。

 ゾウの群れはここ連日、トウモロコシ畑でおなかいっぱい食べたあと、近くの池で入浴を楽しんでいます。放浪者というよりも、まるで安らかな余暇を過ごす旅行者の姿に見えます。

 専門家によりますと、熱帯動物であるアジアゾウにとっては、食べ物よりも水が大切で、ただ楽しむだけでなく、頻繁に入浴することで池や泥から必要なミネラルを摂取しているのだということです。

 なお、今回、ゾウが通る沿線で発生した経済的な被害に対して、雲南省政府は、野生動物による被害保険によって保険料を給付し、保険会社と共に被害を受けた住民に賠償するとしています。(c)CGTN Japanese/AFPBB News