【6月13日 AFP】サッカーコパ・アメリカ(2021 Copa America)開幕を翌日に控えた12日、ブラジルとの開幕戦に臨むベネズエラ代表の少なくとも選手8人が新型コロナウイルスの検査で陽性となった。ボリビア代表の選手とスタッフも陽性になり、開幕直前の大会に衝撃が走っている。

【関連記事】コパ・アメリカ開幕前日、ベネズエラ代表で12人コロナ陽性

 ブラジルのマルセロ・ケイロガ(Marcelo Queiroga)保健相は会見で、入国直後の11日の検査でベネズエラの選手8人、スタッフ4人が陽性になったことを明かし、「全員、体調に問題はない。接触した人たちと一緒にホテルで隔離している」と話した。

 その後の南米サッカー連盟(CONMEBOL)の発表により、陽性者は合計13人に増えた。主将のトマス・リンコン(Tomas Rincon)もその一人で、リンコンはインスタグラム(Instagram)に「国を代表して戦えず、本当に残念だ」と書き込んだ。

 一方のボリビアについては、選手3人、チームスタッフ1人が陽性になり、全員を隔離していることがこの日、同国サッカー連盟(FBF)から発表された。ボリビアは14日にパラグアイとのチーム初戦を控えている。

 新型コロナのパンデミック(世界的な大流行)が続く中で、コパ・アメリカのブラジル開催は以前から物議を醸しているが、開幕戦の直前になっても悪いニュースが続いている。しかし代表チームでクラスターが発生した中でも、試合が中止になる可能性は低い。(c)AFP