【6月9日 People’s Daily】「中央政府が累計1兆6300億元(約28兆円)を投入し、近年チベット支援の省・市も通算693億元(約1兆1800億円)を投入した。そのうち5900億元(約10兆円)余りの投資により、川藏道路(四川ーチベット)、青蔵鉄道(青海ーチベット)、ミニヤコンカ空港、蔵木水力発電所など一連の重大工事プロジェクトを実施した。これにより、チベット自治区(Tibet Autonomous Region)の経済社会発展を力強く推進し、わずか数十年で千年の発展レベルを越える奇跡を起こし、チベットを大きく変えた」と、中国国務院新聞弁公室5月22日午前に行った記者会見で、チベット自治区の呉英傑(Wu Yingjie)黨書記、自治区政府シザラ主席がチベットの経済社会発展状況について、こう紹介した。

 近年の正確な施策、きめ細かな支援を通じて、チベット全域で62万8000人の貧困支援システム登録貧困者がすべて貧困から脱却し、74の貧困県(区)がすべて貧困線より高い水準の発展を達成した。「2020年の農村住民の1人当たり可処分所得は前年比12.7%増の1万4598元(約25万円)で、18年連続で二桁成長を続けている」と、呉書記は述べた。

 シザラ主席の紹介によると、「第13次五か年計画(十三・五)」時期に、中央はチベットに3807億元(約6兆5200億円)の投資を計画し、実際に実行された投資は3937億元(約6兆7400億円)で、中央マスタープランを超える形で完成させた。多くの農牧民大衆の生活が「バケツから水道管へ、ランプから電灯へ、土の道からアスファルト道路へ」という進歩を実現した。「十四・五」期間の投資は「十三・五」の基礎の上で比較的速い成長を維持し、主に生態文明建設、民生分野、社会ガバナンス、国境地域建設の4つの方面に重点を置くという。

 チベットは教育優先の発展を一貫して堅持し、就学前教育、基礎教育、職業教育、高等教育、継続教育、特殊教育を包括する現代教育システムをチベットでほぼ全面的に確立させた。

「現在の全域は各級各種学校3195校、在学生88万人余りがおり、就学前教育の総就学率は87%、小学校の学齢教育入学率は99.9%、義務教育定着率は95%に達した」。シザラ主席によると、特に第18回党大会以来、就学前教育から高等教育までの支援システムを健全に構築し、公営教育を実現した。チベットの農牧民に対して国は「三包政策」を実施し、教育資金や支援金は180億元(約3080億円)余りに達し、延べ1102万人の学生を支援し、各種支援政策は40件に達し、人民大衆の教育獲得感は絶え間なく高まっているという。

 2012年以来、チベットの医療衛生事業は全面的に改善され、全国と足並みをそろえての発展を基本的に実現し、市民の健康レベルは著しく向上した。衛生健康サービスシステムの構筑を加速させ、区・市・県・郷・村をカバーする五級医療衛生サービスネットワークを初歩的に完成させ、農牧区医療制度をベースに、大病保険を補充とし、医療救助を頼りにした多重医療保障システムを形成した。医療サービスのレベルを絶えず向上させ、育成システムを完備することにより、医療人材の「グループ式」のチベット支援の実施を深め、三級病院の連携支援を展開し、重い病気でも自治区から出ない、中度の病気では地級市から出ない、軽い病気では県区から出ないという医療サービス体制を実現させた。チベット医学のイノベーションと発展の面では、現在3つの国家級チベット医学地域診療センター、1つのチベット医科大学、17社のチベット医学薬品生産企業がある。(c)People’s Daily/AFPBB News