【6月6日 AFP】米政府は5日、政治絡みの情報漏えいに関する捜査で記者の通信記録を秘密裏に入手することをやめると表明した。米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は今週、ドナルド・トランプ(Donald Trump)前政権とジョー・バイデン(Joe Biden)政権下で司法省が、同紙の記者4人の取材源を調べるためひそかに法的措置を取っていたと報道。報道の自由を損ねる対応だとして批判が上がっていた。

 司法省は「長年の慣行を変更し、情報漏えいの捜査で記者らの情報源を得るための強制的な法的措置は今後取らない」と発表した。

 ホワイトハウス(White House)のジェン・サキ(Jen Psaki)報道官は「情報漏えいの捜査で記者の通信記録を得るために召喚状を出すことは、バイデン大統領の政治方針と一致しない」と述べた。

 米CNNも先月、トランプ前政権が自社特派員の通信記録をひそかに入手していたと報じていた。(c)AFP