【5月19日 AFP】米大リーグ(MLB)、デトロイト・タイガース(Detroit Tigers)のスペンサー・ターンブル(Spencer Turnbull)投手が18日、シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)戦でノーヒッターを達成した。今季のMLBでノーヒッターを記録するのは5人目で、チームは5-0で勝利した。

 9三振を奪い、マリナーズの出塁を四球での2度に抑えたターンブルにとっては、これが自身初のノーヒッターで、タイガースでは2011年のジャスティン・ヴァーランダー(Justin Verlander)以来となる球団史上8度目の快挙となった。

 一方、マリナーズがノーヒッターをされるのは今季2度目で、今月5日にもボルティモア・オリオールズ(Baltimore Orioles)のジョン・ミーンズ(John Means)に記録達成を許している。

 このペースでいくと、今季のMLBでは近代野球が始まったとされる1901年以降で最多のノーヒッターが記録される見込みとなっている。これまでの最多は7回で、1990年と1991年、2012年、2015年シーズンにそれぞれ達成されている。(c)AFP