AsiaNet 89355 (0980)

【ユニオンシティー(米ジョージア州)2021年5月4日PR Newswire=共同通信JBN】TenCate Protective Fabricsの監査役会は、Maria Gallahue-Worl氏を最高経営責任者(CEO)に任命したと発表した。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1502203/TenCate_Protective_Fabrics.jpg

エンジニアリングから製造、市場開発、企業経営まで、幅広い役割を果たしてきたMaria Gallahue-Worl氏の豊富な経験は、専門分野と先端素材バリューチェーンについて彼女の特異な能力を知らしめる。ソルベイに21年在職し、直近では執行副社長(戦略的成長担当)を務めたあと、TenCate Protective Fabricsに加わった。

TenCate Protective Fabrics監査役会のKees Verhaar会長は「会社を成功に導き、勝利戦略と創造価値開発のミッションにチームを駆動する彼女の能力に全幅の信頼を置いている」と語った。

Gallahue-Worl氏はアトランタ地区を本拠に、ジョージア州ユニオンシティーのグローバル本社でCEOの職務を果たす。

▽TenCate Protective Fabricsについて
TenCate Protective Fabricsは世界をリードする防護布メーカーとして、世界中の大勢の人々が素晴らしい仕事をできるようにしている。消防、産業、軍隊、警察、医療に従事するプロは、安全、快適、信頼を当社の防護布に依存している。そのイノベーションは、進化するニーズの世界をサポートして、ユーザー重視のデザイン、技術、持続可能性を先導する。詳細はhttps://us.tencatefabrics.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Michael Laton
m.laton@tencatefabrics.com

ソース:TenCate Protective Fabrics